関節可動域

運動療法

【静的ストレッチ】による関節可動域の拡大効果!ストレッチ時間や強度の論文まとめ

静的ストレッチは臨床でも頻繁に実施するプログラムの一つです。 関節可動域拡大を図るために用いられることもありますが、 静的ストレッチで可動域を拡大するためには、何秒くらい伸ばすの? 痛いほど伸ばすストレッチって効果があるの? など、疑問があ...
評価

【股関節の前部痛】2つの機能障害が関わる機序とアプローチ(股関節の可動性低下・骨盤の可動性低下)

運動器障害において、運動機能の向上は疼痛軽減に有効なケースがあります。 運動器の構造自体にアプローチをすることはリハビリでは難しいですが、 機能面にはアプローチできますよね。 運動機能と疼痛の関係を知っておくことで、 評価の精度が高くなり、...
評価

【予後予測】TKA術後の膝関節屈曲可動域を予測する術前因子と術後因子

全人工膝関節置換術(Total knee Arthroplasty: TKA)は病院でも比較的よく目にする手術であり、 理学療法士は学生や新人時代の頃から担当させていただく機会が多いと思います。 今回は、TKA術後の膝関節屈曲可動域の予後予...
評価

日常生活(ADL)の膝関節屈曲角度はどれくらい必要か

今回は生活に必要な膝関節屈曲可動域の話です。 みなさんは生活でどれくらい膝関節の可動域が必要か知っていますか? 「リハビリの目標は、とりあえず膝関節屈曲120°の獲得です!」 という人はいないと思いますが、 「どの動作で、どれくらいの可動域...
評価

ポジショニングにより関節可動域は良好になる【論文】

先日,先輩に代診をお願いした時の話です. 先輩)Aさんのポジショニングはもっと頸部を屈曲位にした方が筋緊張は落ち着きそうだよね.枕を高くしてみたらどうかな? Aさんは多発脳梗塞による四肢麻痺で頸部伸展,両上肢屈曲,両下肢伸展パターンの除皮質...
運動療法

ストレッチをすると関節可動域は改善するか?

みなさんはストレッチをすると関節の可動域が広がると思いますか. ストレッチは理学療法に限らず,スポーツや健康体操でも広く使われている手技になります. 誰でも気軽にできる,最も身近な運動の一つかもしれません. しかし,実際にストレッチの効果を...
スポンサーリンク