評価

評価

【運動強度】高齢者の筋力トレーニング強度を推定する方法:反復回数テストとボルグスケール

リハビリにおいて、筋力トレーニングは頻繁に実施する運動療法の1つです。 効果的な筋力トレーニングを行うには、運動強度の設定が大切になります。 測定の道具がない。測定に時間をかけたくない。 筋力の負荷を設定する方法がわからない... しかし色...
評価

高齢者の筋力トレーニング負荷設定チェックポイント(強度・期間・頻度)とディトレーニング

高齢者を対象に筋力トレーニングをすることはリハビリでは日常的にあると思います。 しかし、トレーニングの負荷設定で疑問に思うことはないでしょうか。 どのくらいの強度で運動したらよいの? 強度はどうやって判断したらよいの? 週に何回くらい運動し...
評価

【転倒】リスクを評価する身体機能カットオフ値の論文やガイドラインによるエビデンス【まとめ】

病棟歩行自立にしたいけど、転倒リスクが高いのか低いのか、わからない… どれくらいの身体機能があれば転倒リスクは少ない? 臨床において、転倒リスクを評価する場面は多くあります。 転倒は、たくさんの要因が影響して発生するため、「この評価だけでO...
評価

【評価】リハビリのリスク管理に役立つ心不全のフィジカルアセスメントと症状|うっ血と低心拍出の身体所見

足が浮腫んでるけど心不全が増悪している? 調子が悪そうだけど、心不全が原因? 入院中に患者さんが普段とは違う様子があれば、 すぐに医師や看護師に相談し、血液検査やエコー検査を受けることができますが、 外来や訪問の場面で、すぐに検査はできませ...
評価

【身体活動評価】質問紙Life-Space Assessment (LSA)の活用について27研究からカットオフ値も含めて解説!

身体活動は重要って聞くけど、実際はどうやって評価するの? 活動量を測定する専門機器がないと想定できない? 身体活動量は、退院後の生活や地域高齢者、糖尿病などの代謝性疾患で重要です。 正確に活動量を評価には、ライフコーダーなど専用機械を1日装...
評価

【再入院リスク】併存疾患や医学的情報からの予測とリスクとなるADL能力の低下

この患者さんは退院しても、すぐに再入院するかも...? 退院前の患者さんで心配になることはありませんか? 患者さんや病院の特性によって異なりますが、 30日以内の再入院の発生率は10.3~37.6% 90日内の再入院発生率は16.0~58....
評価

【脊椎圧迫骨折】疼痛軽減までの期間と長期化する4つの要因-保存療法:安静/薬物療法/コルセット/運動療法(体幹伸展筋力や生活指導は特に重要)-

受傷後早期の脊椎圧迫骨折の患者さんにリハビリ介入していると、 いつまで痛いのが続きますか? コルセットはいつ外せますか? こんなことは聞かれないですか? もしくは、 いつまで痛くて動けないかな? 安静にしていて廃用が進まないかな? など心配...
評価

せん妄のリスク因子と評価(3D-CAM/4AT)せん妄の発生率を下げるHELPを中心としたアプローチまとめ

スタッフ せん妄ってなに?どんな評価するの? スタッフ せん妄の患者さんには、どんなアプローチがあるの? せん妄は、患者さんの身体精神評価を正しく行えないだけでなく、 ADL能力も大きく変動するため予後予測が難しくなります。 せん妄は治療が...
評価

人工股関節置換術(THA)術後の下肢筋力は術後1~3ヶ月で低く回復の目安は4~6ヶ月

バイザー THAの手術後は、いつまで筋力が弱いの?いつになれば回復するの? 学生時代の症例報告で目標設定に”股関節の筋力向上”と未熟にも書いた自分にきた質問です。 当時は答えられず、めちゃくちゃ困りました。 人工股関節置換術(以下、THA)...
評価

【股関節の前部痛】2つの機能障害が関わる機序とアプローチ(股関節の可動性低下・骨盤の可動性低下)

運動器障害において、運動機能の向上は疼痛軽減に有効なケースがあります。 運動器の構造自体にアプローチをすることはリハビリでは難しいですが、 機能面にはアプローチできますよね。 運動機能と疼痛の関係を知っておくことで、 評価の精度が高くなり、...
スポンサーリンク