アプローチ

運動療法

【転倒】運動介入と多要素介入の転倒予防効果とアプローチ内容を解説!

転倒しやすい高齢者には、なにをしたら効果的なの? こんな疑問をもつことはないですか? リハビリでみることが多い”転倒”。 アプローチのエビデンスを知ることで自信をもって関われます。 この記事では、高齢者の転倒予防プログラムについて論文をもと...
運動療法

【静的ストレッチ】による関節可動域の拡大効果!ストレッチ時間や強度の論文まとめ

静的ストレッチは臨床でも頻繁に実施するプログラムの一つです。 関節可動域拡大を図るために用いられることもありますが、 静的ストレッチで可動域を拡大するためには、何秒くらい伸ばすの? 痛いほど伸ばすストレッチって効果があるの? など、疑問があ...
運動療法

【遅発性筋肉痛DOMS】マッサージは効果的なアプローチ

みなさんは、運動した後に筋肉痛になったことはありますか? 筋肉痛の正式名称は、"遅発性筋肉痛(Delayed Onset Muscle Soreness; DOMS)"といいます。 DOMSは、疼痛だけでなく、筋パフォーマンスの低下やトレー...
評価

【脊椎圧迫骨折】疼痛軽減までの期間と長期化する4つの要因-保存療法:安静/薬物療法/コルセット/運動療法(体幹伸展筋力や生活指導は特に重要)-

受傷後早期の脊椎圧迫骨折の患者さんにリハビリ介入していると、 いつまで痛いのが続きますか? コルセットはいつ外せますか? こんなことは聞かれないですか? もしくは、 いつまで痛くて動けないかな? 安静にしていて廃用が進まないかな? など心配...
評価

せん妄のリスク因子と評価(3D-CAM/4AT)せん妄の発生率を下げるHELPを中心としたアプローチまとめ

スタッフ せん妄ってなに?どんな評価するの? スタッフ せん妄の患者さんには、どんなアプローチがあるの? せん妄は、患者さんの身体精神評価を正しく行えないだけでなく、 ADL能力も大きく変動するため予後予測が難しくなります。 せん妄は治療が...
評価

【股関節の前部痛】2つの機能障害が関わる機序とアプローチ(股関節の可動性低下・骨盤の可動性低下)

運動器障害において、運動機能の向上は疼痛軽減に有効なケースがあります。 運動器の構造自体にアプローチをすることはリハビリでは難しいですが、 機能面にはアプローチできますよね。 運動機能と疼痛の関係を知っておくことで、 評価の精度が高くなり、...
評価

【股関節の前部痛】腸腰筋が関わる3つ機序とアプローチ(腸腰筋の筋緊張亢進と伸張性低下・股関節動的安定性の低下・骨盤後傾)

みなさんは運動器疾患の疼痛をみる際に、 疼痛の誘発している原因を臨床推論していますか? 疼痛が発生する機序を知ることは、 アプローチの効果を高めるだけでなく、さらなる疼痛予防にも重要です。 今回は、股関節前部の疼痛について、 腸腰筋をピック...
評価

【股関節の前部痛】股関節内転筋群が関わる4つ機序とアプローチ(内転筋群の筋緊張亢進・外転筋力低下・後方筋群の伸張性低下・骨盤後傾)

みなさんは患者さんから痛みの訴えを聞いた時、 疼痛の誘発している原因をいくつ想定できますか? 疼痛を誘発する原因を知っておくことで、 評価の精度が高くなり、アプローチのポイントを絞りやすくなります。 今回は、股関節前部の疼痛について、 臨床...
リハ栄養

低栄養をみつけたら実践する3つのこと~情報共有・エネルギーバランスの確認・モニタリング~

セラピストが実践しやすい低栄養スクリーニングの続きです。 前回の記事はこちらから。 今回は僕が重要だと考える、低栄養患者さんをみつけたら実践することを3つ紹介します。 その内容は、 他職種と現状確認と方針の共有をする リハビリが低栄養を加速...
運動療法

加齢と廃用による筋線維タイプ変化の特徴とアプローチ~速筋と遅筋の構成割合~

高齢者が増えており加齢性の筋力低下や治療時の安静臥床による廃用(不活動)性の筋力低下は、術後直後の急性期病院から長期療養型の施設まで幅広い分野で問題になってます。 みなさんは、加齢に伴い筋力低下した方も、廃用によって筋力低下した方も、同じ考...
スポンサーリンク