高齢者

評価

【運動強度】高齢者の筋力トレーニング強度を推定する方法:反復回数テストとボルグスケール

リハビリにおいて、筋力トレーニングは頻繁に実施する運動療法の1つです。 効果的な筋力トレーニングを行うには、運動強度の設定が大切になります。 測定の道具がない。測定に時間をかけたくない。 筋力の負荷を設定する方法がわからない... しかし色...
評価

高齢者の筋力トレーニング負荷設定チェックポイント(強度・期間・頻度)とディトレーニング

高齢者を対象に筋力トレーニングをすることはリハビリでは日常的にあると思います。 しかし、トレーニングの負荷設定で疑問に思うことはないでしょうか。 どのくらいの強度で運動したらよいの? 強度はどうやって判断したらよいの? 週に何回くらい運動し...
運動療法

【転倒】運動介入と多要素介入の転倒予防効果とアプローチ内容を解説!

転倒しやすい高齢者には、なにをしたら効果的なの? こんな疑問をもつことはないですか? リハビリでみることが多い”転倒”。 アプローチのエビデンスを知ることで自信をもって関われます。 この記事では、高齢者の転倒予防プログラムについて論文をもと...
評価

【転倒】リスクを評価する身体機能カットオフ値の論文やガイドラインによるエビデンス【まとめ】

病棟歩行自立にしたいけど、転倒リスクが高いのか低いのか、わからない… どれくらいの身体機能があれば転倒リスクは少ない? 臨床において、転倒リスクを評価する場面は多くあります。 転倒は、たくさんの要因が影響して発生するため、「この評価だけでO...
評価

【身体活動評価】質問紙Life-Space Assessment (LSA)の活用について27研究からカットオフ値も含めて解説!

身体活動は重要って聞くけど、実際はどうやって評価するの? 活動量を測定する専門機器がないと想定できない? 身体活動量は、退院後の生活や地域高齢者、糖尿病などの代謝性疾患で重要です。 正確に活動量を評価には、ライフコーダーなど専用機械を1日装...
評価

【再入院リスク】併存疾患や医学的情報からの予測とリスクとなるADL能力の低下

この患者さんは退院しても、すぐに再入院するかも...? 退院前の患者さんで心配になることはありませんか? 患者さんや病院の特性によって異なりますが、 30日以内の再入院の発生率は10.3~37.6% 90日内の再入院発生率は16.0~58....
評価

せん妄のリスク因子と評価(3D-CAM/4AT)せん妄の発生率を下げるHELPを中心としたアプローチまとめ

スタッフ せん妄ってなに?どんな評価するの? スタッフ せん妄の患者さんには、どんなアプローチがあるの? せん妄は、患者さんの身体精神評価を正しく行えないだけでなく、 ADL能力も大きく変動するため予後予測が難しくなります。 せん妄は治療が...
運動療法

加齢と廃用による筋線維タイプ変化の特徴とアプローチ~速筋と遅筋の構成割合~

高齢者が増えており加齢性の筋力低下や治療時の安静臥床による廃用(不活動)性の筋力低下は、術後直後の急性期病院から長期療養型の施設まで幅広い分野で問題になってます。 みなさんは、加齢に伴い筋力低下した方も、廃用によって筋力低下した方も、同じ考...
評価

筋肉量低下を簡単に評価できる下腿周径のカットオフ値と感度特異度

入院患者さんや地域の高齢者を見たときに、「この人、筋肉がやせすぎてないか?」と疑問に思うことはないですか。 筋肉量は40~50歳を超えると加齢とともに低下するいわれています。 筋肉量がどの程度あるのかを評価することは、運動プログラム作成や栄...
運動療法

高齢者,呼吸器疾患,循環器疾患の有酸素運動負荷設定と目安まとめ

呼吸器疾患や循環器疾患,高齢者を対象に有酸素運動を実施することは多いですが, みなさんは有酸素運動時の運動負荷設定を自信をもってできますか? 疾患がある方や高齢者では有害イベントを発生させる恐れがあり,若年者よりもシビアな負荷設定が必要です...
スポンサーリンク