筋力

評価

【運動強度】高齢者の筋力トレーニング強度を推定する方法:反復回数テストとボルグスケール

リハビリにおいて、筋力トレーニングは頻繁に実施する運動療法の1つです。 効果的な筋力トレーニングを行うには、運動強度の設定が大切になります。 測定の道具がない。測定に時間をかけたくない。 筋力の負荷を設定する方法がわからない... しかし色...
評価

高齢者の筋力トレーニング負荷設定チェックポイント(強度・期間・頻度)とディトレーニング

高齢者を対象に筋力トレーニングをすることはリハビリでは日常的にあると思います。 しかし、トレーニングの負荷設定で疑問に思うことはないでしょうか。 どのくらいの強度で運動したらよいの? 強度はどうやって判断したらよいの? 週に何回くらい運動し...
評価

【脊椎圧迫骨折】疼痛軽減までの期間と長期化する4つの要因-保存療法:安静/薬物療法/コルセット/運動療法(体幹伸展筋力や生活指導は特に重要)-

受傷後早期の脊椎圧迫骨折の患者さんにリハビリ介入していると、 いつまで痛いのが続きますか? コルセットはいつ外せますか? こんなことは聞かれないですか? もしくは、 いつまで痛くて動けないかな? 安静にしていて廃用が進まないかな? など心配...
評価

人工股関節置換術(THA)術後の下肢筋力は術後1~3ヶ月で低く回復の目安は4~6ヶ月

バイザー THAの手術後は、いつまで筋力が弱いの?いつになれば回復するの? 学生時代の症例報告で目標設定に”股関節の筋力向上”と未熟にも書いた自分にきた質問です。 当時は答えられず、めちゃくちゃ困りました。 人工股関節置換術(以下、THA)...
評価

【股関節の前部痛】腸腰筋が関わる3つ機序とアプローチ(腸腰筋の筋緊張亢進と伸張性低下・股関節動的安定性の低下・骨盤後傾)

みなさんは運動器疾患の疼痛をみる際に、 疼痛の誘発している原因を臨床推論していますか? 疼痛が発生する機序を知ることは、 アプローチの効果を高めるだけでなく、さらなる疼痛予防にも重要です。 今回は、股関節前部の疼痛について、 腸腰筋をピック...
評価

【股関節の前部痛】股関節内転筋群が関わる4つ機序とアプローチ(内転筋群の筋緊張亢進・外転筋力低下・後方筋群の伸張性低下・骨盤後傾)

みなさんは患者さんから痛みの訴えを聞いた時、 疼痛の誘発している原因をいくつ想定できますか? 疼痛を誘発する原因を知っておくことで、 評価の精度が高くなり、アプローチのポイントを絞りやすくなります。 今回は、股関節前部の疼痛について、 臨床...
運動療法

【筋パワー】筋力トレーニングとの効果比較と負荷設定

みなさん筋パワーとはなにか知っていますか? 筋パワートレーニングは、リハビリプログラムやスポーツトレーニングでも活用されているトレーニングです。 この記事では、 筋パワーとはなにか パワートレーニングと筋力トレーニングのどちらが有効か 筋パ...
評価

【大腿骨頸部・転子部骨折】大腿骨近位部骨折術後の筋力・歩行・ADL能力の回復経過

*大腿骨頸部や転子部周囲の骨折を、今回はまとめて"大腿骨近位部骨折"としています。 大腿骨近位部骨折は、転倒を受傷起点とすることが多く、 転倒してしまうくらい身体機能が低下した高齢者も多いですね。 比較的頻繁に関わることが多い疾患ですが、 ...
評価

TKA術後の膝関節伸展筋力は術後6か月で術前レベルまで回復する

全人工膝膝関節置換術(TKA)を施行した患者さんで、 「術後の膝伸展筋力はいつ回復するの?」と疑問に思ったことはないですか。 膝伸展筋力は、立ち上がり動作や階段昇降動作、バランス能力に影響する重要な筋力なので、 回復までの期間を知ることは予...
運動療法

加齢と廃用による筋線維タイプ変化の特徴とアプローチ~速筋と遅筋の構成割合~

高齢者が増えており加齢性の筋力低下や治療時の安静臥床による廃用(不活動)性の筋力低下は、術後直後の急性期病院から長期療養型の施設まで幅広い分野で問題になってます。 みなさんは、加齢に伴い筋力低下した方も、廃用によって筋力低下した方も、同じ考...
スポンサーリンク