TKA術後の膝関節伸展筋力は術後6か月で術前レベルまで回復する

評価
スポンサーリンク

全人工膝膝関節置換術(TKA)を施行した患者さんで、

「術後の膝伸展筋力はいつ回復するの?」と疑問に思ったことはないですか。

膝伸展筋力は、立ち上がり動作や階段昇降動作、バランス能力に影響する重要な筋力なので、

回復までの期間を知ることは予後予測にも重要です。

また、術後の筋力回復までの過程を知ることで、患者教育や自主トレーニングの指導に有効です。

今回は、「TKA術を施行後にどのくらいの期間で膝伸展筋力は術前レベルまで回復するのか?」をいくつかの文献をもとにまとめようと思います。

結論として、

  • 膝伸展筋力は、TKA術後1か月(4週)では術前の40~60%程度
  • TKA術後の膝伸展筋力が術前レベルまで回復するには6か月必要

TKA術後の膝関節屈曲可動域の予後予測もまとめています。

【予後予測】TKA術後の膝関節屈曲可動域を予測する術前因子と術後因子
全人工膝関節置換術(Total knee Arthroplasty: TKA)は病院でも比較的よく目にする手術であり、 理学療法士は学生や新人時代の頃から担当させていただく機会が多いと思います。 今回は、TKA術後の膝関節屈曲可動域の予後予...

TKA術後の退院時膝伸展筋力は顕著に低下

TKA術後の膝関節伸展筋力の変化は、経過を追って調査されています。

TKA術は入院期間が2~3週程度のことが多く、比較的に早期退院が可能な手術です。

ですが、術後1か月(術後4週)の時点では膝伸展筋力は術前の40~60%程度です。

また、2020年にTKA後の筋力に関するシステマティックレビューとメタアナリシスによると、

大腿四頭筋の最大(随意)筋力を術前から術後33か月で調査した報告から、術後1か月が最も筋力が低下している時期である。

Armin H Paravlic, et al. Neurostructural correlates of strength decrease following total knee arthroplasty: A systematic review of the literature with meta-analysis. Bosn J Basic Med Sci. 2020.

と述べています。

術後1か月(4週)では術前と比べ、大腿四頭筋の筋力低下が生じていることは明らかなようです。

40~60%という数値は、いくつかの報告による参考値ですが、

退院した後でも筋力は術前の半分程度であり、術後のケアを継続する必要性が高いと考えられます。

退院後の自主トレーニング指導や外来などでのフォローアップを検討することも必要かもしれません。

TKA術後の膝伸展筋力の回復には6か月かかる

TKA術後4週では、膝伸展筋力は術前と比べて顕著に低い状態です。

では、どれくらいで術前レベルまで回復するかというと、

術後の膝伸展筋力が術前レベルまで回復するには6か月程度かかります。

TKA術後の筋力変化を調査した報告はいくつかあり、

筋力の回復は術後から直線的に改善し、術後3か月(12週)~6か月で術前レベルまで回復していました。

ただ、術後3か月(12週)の筋力は、術前レベルよりも有意に低いという報告もあります。

また2020年のレビューとメタアナリシスでは、

術後3か月では術前よりも有意に大腿四頭筋の筋力低下を認め、

術後6か月では有意差がなくなり術前レベルまで筋力が回復したと述べています。

これらの報告から、TKA後の膝伸展筋力が術前レベルまで回復するには6か月程度かかると考えられます。

TKA後の一般的な入院期間が2~3週と早期なので、筋力の回復も早い印象でしたが、

回復まで6か月という期間は個人的には長い印象です。

そして、筋力低下している期間が長いということは、術後の下肢筋力強化トレーニングの重要性はかなり高いですね。

また、術後の筋力回復に半年程度の期間が必要なことは、予後予測だけでなく、患者さんへの説明や自主トレの指導に役立つと思います。

ちなみにですが、

眞田先生らの報告によると、TKA術後の大腿四頭筋の筋力回復は、測定する膝関節屈曲肢位によって異なると述べています。

この研究から、膝屈曲30°、60°肢位での膝伸展筋力は術前レベルまで回復するのに3か月かかり、

屈曲90°肢位での膝伸展筋力が術前レベルまで回復するのに6か月かかることが明らかになりました。

つまり、膝屈曲角度が大きい肢位では膝伸展筋力の回復が遅い可能性があります。

臨床経験でも、歩行時やMMT測定での膝伸展筋力は良好なのに、立ち上がり動作や階段昇降で膝伸展筋力の低下が疑われることもあると思います。

TKA術後に筋力を測定する際は、膝屈曲肢位にも着目することが重要かもしれません。

まとめ

  • TKA術後の膝伸展筋力は1か月(術後4週)では術前の40~60%程度
  • TKA後の膝伸展筋力が術前レベルまで回復するには6か月かかる
  • 膝屈曲角度が大きい肢位では膝伸展筋力の回復が遅い可能性がある

参考資料

  • 大西邦博,他.人工膝関節全置換術患者に対する術後1年までの身体機能回復の推移.理学療法学.2019.
  • Michael J. Bade, et al. Outcomes Before and After Total Knee Arthroplasty Compared to Healthy Adults. J Orthop Sports Phys Ther. 2010.
  • Ryan L Mizner, et al. Early Quadriceps Strength Loss After Total Knee Arthroplasty The Contributions of Muscle Atrophy and Failure of Voluntary Muscle Activation. J Bone Joint Surg Am. 2005.
  • Armin H Paravlic, et al. Neurostructural correlates of strength decrease following total knee arthroplasty: A systematic review of the literature with meta-analysis. Bosn J Basic Med Sci. 2020.
  • Stephanie C Petterson, et al. Time course of quad strength, area, and activation after knee arthroplasty and strength training. Med Sci Sports Exerc. 2011.
  • 眞田祐太郎,他.人工膝関節全置換術後患者における大腿四頭筋およびハムストリングスの膝関節角度別等尺性筋力の推移.理学療法学.2017.

コメント

タイトルとURLをコピーしました