予後予測

評価

【脊椎圧迫骨折】疼痛軽減までの期間と長期化する4つの要因-保存療法:安静/薬物療法/コルセット/運動療法(体幹伸展筋力や生活指導は特に重要)-

受傷後早期の脊椎圧迫骨折の患者さんにリハビリ介入していると、 いつまで痛いのが続きますか? コルセットはいつ外せますか? こんなことは聞かれないですか? もしくは、 いつまで痛くて動けないかな? 安静にしていて廃用が進まないかな? など心配...
評価

人工股関節置換術(THA)術後の下肢筋力は術後1~3ヶ月で低く回復の目安は4~6ヶ月

バイザー THAの手術後は、いつまで筋力が弱いの?いつになれば回復するの? 学生時代の症例報告で目標設定に”股関節の筋力向上”と未熟にも書いた自分にきた質問です。 当時は答えられず、めちゃくちゃ困りました。 人工股関節置換術(以下、THA)...
評価

【SPPB】臨床活用しやすい身体機能評価|死亡と入院の予後予測

臨床では、歩行やバランス能力など身体機能評価を行う機会は多々あると思いますが、 みなさんはSPPBという評価を知っていますか? SPPB(Short Physical Performance Battery)は下肢の包括的な機能評価です。 ...
評価

【大腿骨頸部・転子部骨折】大腿骨近位部骨折術後の筋力・歩行・ADL能力の回復経過

*大腿骨頸部や転子部周囲の骨折を、今回はまとめて"大腿骨近位部骨折"としています。 大腿骨近位部骨折は、転倒を受傷起点とすることが多く、 転倒してしまうくらい身体機能が低下した高齢者も多いですね。 比較的頻繁に関わることが多い疾患ですが、 ...
評価

TKA術後の膝関節伸展筋力は術後6か月で術前レベルまで回復する

全人工膝膝関節置換術(TKA)を施行した患者さんで、 「術後の膝伸展筋力はいつ回復するの?」と疑問に思ったことはないですか。 膝伸展筋力は、立ち上がり動作や階段昇降動作、バランス能力に影響する重要な筋力なので、 回復までの期間を知ることは予...
評価

【予後予測】TKA術後の膝関節屈曲可動域を予測する術前因子と術後因子

全人工膝関節置換術(Total knee Arthroplasty: TKA)は病院でも比較的よく目にする手術であり、 理学療法士は学生や新人時代の頃から担当させていただく機会が多いと思います。 今回は、TKA術後の膝関節屈曲可動域の予後予...
評価

日常生活(ADL)の膝関節屈曲角度はどれくらい必要か

今回は生活に必要な膝関節屈曲可動域の話です。 みなさんは生活でどれくらい膝関節の可動域が必要か知っていますか? 「リハビリの目標は、とりあえず膝関節屈曲120°の獲得です!」 という人はいないと思いますが、 「どの動作で、どれくらいの可動域...
評価

脳血管疾患の自宅退院とFIMスコアの目安~家族の影響とADL項目~

担当している患者さんが、どれくらいのADLができれば自宅に帰れるのか意識してますか? 自宅に帰るのが目標だけど... どれくらいADLがあれば帰れるのかわからない。 なんて話を聞いたことがあります。 もちろん、自宅退院は色んな要因が関わって...
評価

5回立ち上がりテストはCOPD患者の死亡・増悪の予測に役立つ

身体機能はCOPD患者の予後と関係していると報告はいくつかあり、 リハビリでの身体機能測定はゴールドスタンダードです。 特に6分間歩行テストは重要で、 6分間歩行テストがCOPD患者の死亡率と関連している1) 6分間歩行テスト<350mは死...
評価

セラピストが実践しやすい超簡単な低栄養スクリーニング5選

「リハ栄養」という言葉も広く使われるようになり、リハビリにとって栄養状態の評価も重要なポイントになっていますね。 特に低栄養状態はリハビリを進めるにあたって、重大な阻害因子なので抑えておく必要があります。 しかし、 栄養はどうやって評価した...
スポンサーリンク