評価

せん妄のリスク因子と評価(3D-CAM/4AT)せん妄の発生率を下げるHELPを中心としたアプローチまとめ

スタッフ せん妄ってなに?どんな評価するの? スタッフ せん妄の患者さんには、どんなアプローチがあるの? せん妄は、患者さんの身体精神評価を正しく行えないだけでなく、 ADL能力も大きく変動するため予後予測が難しくなります。 せん妄は治療が...
評価

人工股関節置換術(THA)術後の下肢筋力は術後1~3ヶ月で低く回復の目安は4~6ヶ月

バイザー THAの手術後は、いつまで筋力が弱いの?いつになれば回復するの? 学生時代の症例報告で目標設定に”股関節の筋力向上”と未熟にも書いた自分にきた質問です。 当時は答えられず、めちゃくちゃ困りました。 人工股関節置換術(以下、THA)...
評価

【股関節の前部痛】2つの機能障害が関わる機序とアプローチ(股関節の可動性低下・骨盤の可動性低下)

運動器障害において、運動機能の向上は疼痛軽減に有効なケースがあります。 運動器の構造自体にアプローチをすることはリハビリでは難しいですが、 機能面にはアプローチできますよね。 運動機能と疼痛の関係を知っておくことで、 評価の精度が高くなり、...
評価

【股関節の前部痛】腸腰筋が関わる3つ機序とアプローチ(腸腰筋の筋緊張亢進と伸張性低下・股関節動的安定性の低下・骨盤後傾)

みなさんは運動器疾患の疼痛をみる際に、 疼痛の誘発している原因を臨床推論していますか? 疼痛が発生する機序を知ることは、 アプローチの効果を高めるだけでなく、さらなる疼痛予防にも重要です。 今回は、股関節前部の疼痛について、 腸腰筋をピック...
評価

【股関節の前部痛】股関節内転筋群が関わる4つ機序とアプローチ(内転筋群の筋緊張亢進・外転筋力低下・後方筋群の伸張性低下・骨盤後傾)

みなさんは患者さんから痛みの訴えを聞いた時、 疼痛の誘発している原因をいくつ想定できますか? 疼痛を誘発する原因を知っておくことで、 評価の精度が高くなり、アプローチのポイントを絞りやすくなります。 今回は、股関節前部の疼痛について、 臨床...
運動療法

【筋パワー】筋力トレーニングとの効果比較と負荷設定

みなさん筋パワーとはなにか知っていますか? 筋パワートレーニングは、リハビリプログラムやスポーツトレーニングでも活用されているトレーニングです。 この記事では、 筋パワーとはなにか パワートレーニングと筋力トレーニングのどちらが有効か 筋パ...
評価

【床からの立ち上がり動作】関わる身体的環境的要因とアプローチ3選

床からの立ち上がり動作は、 こたつの出入や仏壇のお参りなど和式生活では頻度の多い動作ですね。 また、転倒した後に、自分で起きるためにも床からの立ち上がり動作は必要になります。 転んだまま床から起きれず、家の人が帰ってくるまで床に倒れていたた...
評価

【SPPB】臨床活用しやすい身体機能評価|死亡と入院の予後予測

臨床では、歩行やバランス能力など身体機能評価を行う機会は多々あると思いますが、 みなさんはSPPBという評価を知っていますか? SPPB(Short Physical Performance Battery)は下肢の包括的な機能評価です。 ...
評価

【大腿骨頸部・転子部骨折】大腿骨近位部骨折術後の筋力・歩行・ADL能力の回復経過

*大腿骨頸部や転子部周囲の骨折を、今回はまとめて"大腿骨近位部骨折"としています。 大腿骨近位部骨折は、転倒を受傷起点とすることが多く、 転倒してしまうくらい身体機能が低下した高齢者も多いですね。 比較的頻繁に関わることが多い疾患ですが、 ...
評価

TKA術後の膝関節伸展筋力は術後6か月で術前レベルまで回復する

全人工膝膝関節置換術(TKA)を施行した患者さんで、 「術後の膝伸展筋力はいつ回復するの?」と疑問に思ったことはないですか。 膝伸展筋力は、立ち上がり動作や階段昇降動作、バランス能力に影響する重要な筋力なので、 回復までの期間を知ることは予...
スポンサーリンク