評価

【予後予測】TKA術後の膝関節屈曲可動域を予測する術前因子と術後因子

全人工膝関節置換術(Total knee Arthroplasty: TKA)は病院でも比較的よく目にする手術であり、 理学療法士は学生や新人時代の頃から担当させていただく機会が多いと思います。 今回は、TKA術後の膝関節屈曲可動域の予後予...
評価

日常生活(ADL)の膝関節屈曲角度はどれくらい必要か

今回は生活に必要な膝関節屈曲可動域の話です。 みなさんは生活でどれくらい膝関節の可動域が必要か知っていますか? 「リハビリの目標は、とりあえず膝関節屈曲120°の獲得です!」 という人はいないと思いますが、 「どの動作で、どれくらいの可動域...
評価

【信頼性と最小化検変化量】ADL評価FIMの信頼性(ICC)と臨床的意義のある変化(MCID)

FIMはリハビリに関わる人なら必ず知っている有名なADL評価方法で、学生時代からお世話になっている人も多いと思います。 FIMは臨床でも活用の幅が広く、研究などでも用いられます。 そんな身近なFIMですが、 セラピストによってどれくらいスコ...
評価

脳血管疾患の自宅退院とFIMスコアの目安~家族の影響とADL項目~

担当している患者さんが、どれくらいのADLができれば自宅に帰れるのか意識してますか? 自宅に帰るのが目標だけど... どれくらいADLがあれば帰れるのかわからない。 なんて話を聞いたことがあります。 もちろん、自宅退院は色んな要因が関わって...
リハ栄養

低栄養をみつけたら実践する3つのこと~情報共有・エネルギーバランスの確認・モニタリング~

セラピストが実践しやすい低栄養スクリーニングの続きです。 前回の記事はこちらから。 今回は僕が重要だと考える、低栄養患者さんをみつけたら実践することを3つ紹介します。 その内容は、 他職種と現状確認と方針の共有をする リハビリが低栄養を加速...
評価

5回立ち上がりテストはCOPD患者の死亡・増悪の予測に役立つ

身体機能はCOPD患者の予後と関係していると報告はいくつかあり、 リハビリでの身体機能測定はゴールドスタンダードです。 特に6分間歩行テストは重要で、 6分間歩行テストがCOPD患者の死亡率と関連している1) 6分間歩行テスト<350mは死...
運動療法

加齢と廃用による筋線維タイプ変化の特徴とアプローチ~速筋と遅筋の構成割合~

高齢者が増えており加齢性の筋力低下や治療時の安静臥床による廃用(不活動)性の筋力低下は、術後直後の急性期病院から長期療養型の施設まで幅広い分野で問題になってます。 みなさんは、加齢に伴い筋力低下した方も、廃用によって筋力低下した方も、同じ考...
評価

セラピストが実践しやすい超簡単な低栄養スクリーニング5選

「リハ栄養」という言葉も広く使われるようになり、リハビリにとって栄養状態の評価も重要なポイントになっていますね。 特に低栄養状態はリハビリを進めるにあたって、重大な阻害因子なので抑えておく必要があります。 しかし、 栄養はどうやって評価した...
評価

大腿骨骨折の自宅退院指標はFIM運動項目60~69点

今回は入院患者さんの自宅退院指標についてです。 「ADLが上がってきたけど、自宅に退院できる?施設方向の方がよい?」 「どれくらいのADLがあれば自宅に帰れるの?」 こんな質問をされたので、調べてまとめてみました! もちろん退院の方針はリハ...
評価

下腿最大周径による低栄養スクリーニング:男性30cm,女性29cm

栄養状態の評価は生命予後や入院期間、QOLに関わる重要な要素です。 リハビリは患者さんと直接触れ合う時間が長いため、 栄養士さんや看護師さんとは異なる視点で情報を得る機会があります。 今回は、リハビリが気がつきやすい栄養状態のスクリーニング...
スポンサーリンク